コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

オシャレでコンパクトな自作ゲーミングPC【Metis raijintek】【Mini ITX】

 

はじめに

筆者は比較的古いMacbook Pro mid 2012しかパソコンを持っていません。
グラフィックスはCPU内蔵でHD4000ということもあり、簡単な画像処理ですらファン全開でした。
そこでデスクトップがほしいと思い、以前から興味のあった自作PCに手を出しました。
そこで自分なりに条件をまとめます。
・そこそこのスペックがあり、異常に重いゲーム以外はそれなりに動く。ubuntuで深層学習もやる。VRはやらない
・コンパクト
・オシャレ
・7~8万程度
こんなもので、自分なりにパーツを決めました。




 

PCケース:Metis Raijintek

ケースの外見 ケースのカラー一覧
ケースは上の画像でもだいたい分かるのですが、Metis RaijintekというMini Itxケースにしました。
これは様々な色があり、好きな色を選べるのがいいですね。筆者は緑がすきなのでこの色にしました。
ほかには黒・赤・シルバー・青・金・白があるみたいです。
質感も色もデザインもパソコンパソコンしてなくていいですね。パソコンパソコンしてるのもそれはそれでいいんですけどね。
これは色によって値段が異なるようです。購入した時は緑は約5700円でした。
そして、自作PCではケースによってパーツが入らないということがあるので、対応サイズをチェック。

マザボファクターMini-ITX
2.5インチベイ2個
3.5インチベイ1個
グラボの長さ最大170mm
CPUファンの高さ最大160mm

 

マザーボード:B150I PRO Gaming/AURA

マザーボードの写真
Mini-ITXのマザーボードはそもそも数が多くなく、あまり選択肢がありません。その中でもこれはバランスがいいと思いました。
上位モデルの「B150I PRO GAMING/WIFI/AURA」はWIFIやBluetoothがありますが、それは要らないかなと思いこちらにしました。1万円ほどでした。
CPUソケットはLGA1151です。第6世代と第7世代のIntel製CPUが使えます。
第7世代のCPUを使うためにはBIOSのバージョンが0501である必要があります。
0301であった場合は第6世代のCPUを用いてBIOSアップデートをする必要があります。

 

CPU:core i5-7500

core i5-7500の写真
CPUとしては普通のゲームがそれなりに動く程度を基準にしました。
以前書いた記事にKaby LakeとskylakeのCPUの性能を表にまとめました。その中でもpassmarkというベンチマークで7000以上の中から一番安いものにするつもりだったのですが、「core i5-7500」が値段の差が2000円ほどで性能が大幅にあがるので、どうせならと総合的にこちらにしました。

 

CPUクーラー:SCBYK-1000I 【白虎】

CPUクーラーの写真
CPUクーラーは白虎にしました。リテールで良いという記事をいくつもみたのですが、ゲームのみならずLinuxで長時間CPUをフルで動かす可能性もあることや、熱のこもりやすそうな小さいケースということで別途CPUクーラーも購入しました。高さも130mmと小型でケース的にも余裕です。
値段は3000円いかないぐらいです。

 

メモリ:AS-2133D4-8G-MJ

メモリーの写真
8GBの1枚です。今後もう1枚さすかもしれないということで1枚にしました。2×4よりは性能落ちるらしいのですが、まぁよい。
これにした理由はやすかったからです。
これは5300円ほどでした。

 

SSD:S6T240NMG2L

SSDの写真
240GBのSSDです。とりあえず、OSとアプリぐらいはSSDにしとくものですよねもう。
240GBで7000円と少しでした。Macbook Proに利用するために数年前に買ったSSDは500GBぐらいだったのですが、2万円以上でした。調べていたら、500GB程度の最安値は今12000円ぐらいなのですね。いい時代です。
こういう時は円高であってほしいと思ってしまいますね。
CFDのTOSHIBA製SSDですが、買ってから気がついたのですがとっても軽いです。改めて調べなおすと37.5gでした。もった感じがしない。

 

HHD:DT01ACA100

HDDの写真
1TBのHDDです。SSD240だけじゃ足りないと思ったので。
これは5000円程度のバルク品です。

 

グラボ:GTX1050ti

GTX1050Tiの写真
GTX1050Tiの特徴としては、それなりに新しく消費電力が少なく補助電源も必要ありません。スペックはGTX970には及びませんが960と同じぐらいらしいです。
あとケースの上限であるグラボの長さ170mmをギリギリ超えずに要られてというのも大きいです。
1050tiでも1060などでも170mmを下回るものはあまり多くなかったので、これ以外にはありませんでした。たぶん、、、
これは15000円ほどでした。

 

電源ユニット:KRPW-PB300W/85+

プラグインのユニット電源の写真
電源ユニットはATX電源にしました。Metis RaijintekはSFX電源もATX電源も対応しているので好きなものでいいと思います。
SFX電源の方がダントツに組みやすいと思いますが、値段もあってこちらのATX電源にしました。
ただ、これはプラグイン対応なので使わない電源ケーブルは付ける必要はありません。
グラボは補助電源なしで動くものを使用していますし、SSD・HDDも多くて2つなのでちょうどよかったです。
これは4000円とちょっと。

 

総額

modulemodelprice
CPUcore i5-740024,967
CPUクーラーSCBYK-1000I [CPUファン 白虎]3,020
SSDS6T240NMG2L7,160
HDDDT01ACA1004,958
マザーボードB150I PRO Gaming/AURA10,465
グラボGTX1050ti14,980
ケースMetis Raijintek5,718
電源ユニットKRPW-PB300W/85+4,163
メモリAS-2133D4-8G-MJ5,330
合計
(ポイント考慮)
80,761
(79,859)

ポイント考慮というのはヨドバシで買ったものが複数点あるので、ポイントが計2000円ほどついたのでそれを考慮してというものです。
当初の予定より少し高くついてしまいましたが、ぎり8万をきったと捉えましょう。
そう捉えましょう。

next:組み立て




ページ: 1 2

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です