コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

ubuntuでpyenvメモ

 

以前、Macでpyenvメモという記事を書いたのですが、今度はUbuntuです。

基本的にここに書いてあるとおりなのですが、筆者の環境ではちょっと違かったのでメモ。

Ubuntu(Linux)のPCに、sshで自分のアカウントとして入れることが前提です。

home/username/ に自分で自由に使えるディレクトリがあると思いますが、ここに個人的に入れることになります。

macだったら一発だったのにubuntuではちょっとめんどくさいです。


git clone https://github.com/yyuu/pyenv ~/.pyenv

で.pyenvにコピーされる

次に依存ライブラリを入れる


sudo apt-get install -y make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev
sudo apt-get install -y libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm

そして、一通りインストールしたらpathを設定します。

vimなりemacsなりで、bashを使ってる人は.profile(or .bashrc)を開いて以下をコピー。他のシェル使ってる人はたぶんわかってる。


export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

sourceしてpathを通す。


source ~/.profile

で完了


$ pyenv --version
pyenv 20160629-16-g2ad9dfd

認識された。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です